【やめとけ】ITエンジニアはきつい・難しいと感じる人の特徴【向いていない】

当ページのリンクには広告が含まれています。
ITエンジニアはきついと感じる人
ITエンジニアに興味がある人

ITエンジニアに興味あるけど、転職して大丈夫だろうか… 自分の性格と合っていなかったら早期離職リスクがあるので詳細を知りたい…

ITエンジニアは年収の高さや働き方の柔軟性から人気が高まっています。

しかし、職種として求められるスキルや性質にはクセがあり、実は万人に向いている職種ではありません。

ITエンジニアの良い面ばかり見て、ITエンジニアの大変さや適性を知らずに転職してしまうと大変な目に遭う恐れがあります。

一方で、ITエンジニアの大変な面を楽しみながら乗り越えていける人には、ITエンジニアは天職と言えます。

この記事では、ITエンジニアの難しさや辛いと感じやすい人の特徴から乗り越えるための対策まで、実体験に基づき詳細を告白しています。

この記事を読めば、あなたがITエンジニアへの転職をやめておくべきか否か理解し、転職失敗のリスクを回避できます。

目次

ITエンジニアの難しい・大変なこと【知らずに転職はやめとけ】

  • 残業や休日出勤がゼロではない
  • 常に学び続ける必要がある
  • デキる人に仕事が集中しやすい
  • コミュニケーション力が求められる
  • 何を開発するか自由には選べない
  • 重要度の高いシステムの開発・運用にはプレッシャーを感じる

以下、順に解説します。

残業や休日出勤がゼロではない

ITエンジニアの多くは、納期までに自身の仕事を完了させなければならないため、時期によっては残業や休日出勤が発生します。

ITエンジニアは、プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーが作成したスケジュールに沿って、自分自身に割り当てられたタスクを消化していく必要があります。

難易度があまり高くないタスクであれば、スケジュール通りに問題なく作業を進めて完了できます。

しかし、開発中に発生する予期しないトラブルや問題に対応するために、調査や対策に時間を要することが少なくありません。また、顧客からのリクエストやチームメンバーからの指摘によって急遽仕様を変更せざるを得ないケースもあります。

もちろん、完了期日を延長してくれるプロジェクトマネージャーもいますが、状況によってはあらかじめ決められたスケジュールの遵守が求められる場合もあります。

特に納期前はスケジュール調整の余裕がないため、残業や休日出勤などで稼働時間をあげて対応することもあるのです。

最近ではIT業界も働き方改革が進んでおり、いわゆる「ブラックなプロジェクト」は減少しつつあります。しかし、プロジェクトや時期によっては残業や休日出勤が多くなる点は、ITエンジニアが大変と感じる瞬間の1つです。

常に学び続ける必要がある

IT業界で働くために必要となるスキルは技術のトレンドが激しく移り変わるため、常に学び続けなければなりません。

一言でIT業界といっても、1つのシステムを開発するためには様々なスキルの習得が必要です。例えば、Webアプリケーション開発に必要なスキルは次の通りです。

Webアプリケーション開発に必要なスキル
  • プログラミングスキル
  • インフラ(クラウド)に関するスキル
  • Webの基礎知識
  • セキュリティ
  • アプリケーションのデプロイ
  • テスト

さらにプログラミングスキル1つをとっても、プロジェクトによって採用されるプログラミング言語は異なります。そのため、多くのITエンジニアは複数のプログラミング言語を習得しています。

また、これまで普及していた技術も、新技術の登場により廃れてしまうこともあるのです。例えば、かつてiPhoneアプリ開発の標準言語として高い人気を誇っていたObjective-Cは、2014年にApple社が発表したSwiftというプログラミング言語が登場したことにより、現在では大きくシェアを落としています。

このように、ITエンジニアは常に最新技術を学び続けなければなりません。

デキる人に仕事が集中しやすい

仕事がデキるITエンジニアにはどんどん仕事が集中しますが、待遇自体は他のメンバーと大きく変わりません。

IT業界では成果主義を導入している企業が多く存在しますが、日本では他国ほど劇的に待遇が変わるわけではありません。一方で仕事ができるITエンジニアは、そうではないITエンジニアと比較して10倍程のアウトプットを残せるといわれています。しかし、10倍の仕事量を消化しても、給料が10倍になることはほとんどありません。

仕事ができる人が「便利屋」のようになってしまい疲弊しやすい点は、ITエンジニアが大変と感じる瞬間といえます。

コミュニケーション力が求められる

ITエンジニアは「1人でパソコンに向かって黙々と作業をしている」と思われがちですが、実際は様々な人とのコミュニケーションが必要です。

尚、ここでいうコミュニケーションとは、誰とでも仲良くなれる俗に言う「コミュ力」ではありません。相手が伝えたいことを理解し、自分の意見を正しく伝えるスキルを指します。

コミュニケーションが上手くいかない場合、誤解や情報のロストが発生しやすくなります。その結果、プロジェクトの進捗に深刻な影響を及ぼすケースもあるのです。

ITエンジニアに求められる主なコミュニケーションの相手と内容は以下です。

コミュニケーションの相手コミュニケーション内容
クライアント・システムに関するヒアリング
・仕様面の相談
・スケジュールやコストの折衝 など
デザイナー・Webデザインなどの相談
・デザインに関する質疑 など
プロジェクトマネージャー・システム開発に関する質疑
・スケジュールなどの相談
・日々の報告 など
チームメンバー・仕様に関する相談 など

様々な相手に対して密に接する場面があるため、コミュニケーションが苦手な人はきつい・難しいと感じることがあります。

何を開発するか自由には選べない

ITエンジニアを目指す人の中には、以下のような目標を持っている人もいるでしょう。

  • AIに関わる仕事をしたい
  • たくさんの人に使ってもらえるようなシステムを開発したい

一方で企業で働くITエンジニアの場合、どんなプロジェクトに参画するかを選べるケースは多くありません。もちろん希望を出せる場合もありますが、どの社員をどの開発プロジェクトに参画させるかは経営層や部門責任者が決定することが多いです。

会社員の場合、自分自身が参画するプロジェクトの決定に関与できるケースはほとんどありません。

「こんなシステムを作りたい」という具体的なイメージを持っている人程、希望通りの業務ができるとは限らない点はITエンジニアにとってきついと感じる瞬間です。

重要度の高いシステムの開発・運用にはプレッシャーを感じる

システムによっては一瞬でも停止することが許されないものもあります。例えば、電気や水道などの生活インフラ関連のシステムをはじめ、医療関連など人々の生死に直結するシステム等です。

社会で広く利用されているシステムが障害を起こすと、莫大な損害を与えるケースもあります。

ITエンジニアはこのようなシステムの開発から、安定稼働するための運用・保守作業も担当します。担当するシステムの重要度に応じてはプレッシャーを感じることがある点は、ITエンジニアが大変と感じる瞬間です。

ITエンジニアは難しい・きついと感じる人の特徴【向いていないからやめとけ】

  • ワークライフバランスを最重視している
  • 自己研鑽が苦手
  • 単独行動が好き
  • 変化を楽しめない

以下、順に解説します。

ワークライフバランスを最重視している

人によって仕事観は異なりますが、ワークライフバランスを最重視している人は、ITエンジニアをきついと感じやすいです。

最近では働き方改革に取り組む企業が増加しているため、残業や休日出勤は減少しつつあります。しかし、ITエンジニアとして働く以上「納期までに高品質なシステムを納品する」という仕事は変わりません。その結果、残業や休日出勤が求められる機会が無くなることはないでしょう。

従って、ワークライフバランス最重視の考え方を持っている人は、ITエンジニアがきついと感じる人の特徴といえます。

自己研鑽が苦手

自分自身の能力向上やスキルアップに興味を持たない人は、ITエンジニアをきついと感じやすいです。

ITエンジニアは、日々様々な問題に対応しなければなりません。さらにプロジェクトは一定期間で終了することが多く、次に配属されるプロジェクトはこれまでとは別のスキルが必要になるケースも珍しくないのです。

ITエンジニアとして継続的に活躍するためには、業務時間だけではなくプライベートな時間に自らスキルアップに取り組む習慣が求められます。

会社によっては資格取得や特定分野に関する一定の知識を昇進・昇格要件としているところもあります。

以上をふまえ、自己研鑽の習慣がない人は「ITエンジニアはきつい」と感じます。

単独行動が好き

周囲と協力して行動するのが苦手な人、自分1人で仕事をするのが好きな人はITエンジニアがきついと感じやすいです。

企業でITエンジニアとして働く場合は、複数人でチームを組成するケースが一般的です。プロジェクトを円滑に進めるためには、周囲のメンバーに対する密なコミュニケーションが重要になります。

1人で勝手に物事を決めてしまったり、周囲のメンバーと上手くやり取りできない人は、チーム内で浮いた存在となってしまいがちです。その結果、困った時に誰も相談にのってくれなかったり、必要な情報が回ってこないことも起こります。

以上をふまえ、単独行動を好む人はチーム開発が主体のITエンジニアという仕事をきつい・難しいと感じやすいです。

変化を楽しめない

IT業界は変化が激しい業界です。例えば、システム開発に必要なプログラミング言語において、人気の言語はここ20年程の中でも頻繁に入れ替わっています。以下はプログラミング言語のシェアの変遷です。

出典 TIOBE

また、IT業界はDX推進などの背景もあり、M&A(企業合併および買収)が活発に起こっています。つまり、ITエンジニアは自分自身のスキルはもちろん、働く環境や企業さえも常に変化と隣り合わせの状態といえます。

変化を好まない人や現状維持を好む人は「ITエンジニアはきつい」と感じやすいです。

ITエンジニアは難しい・きついと感じても乗り越えられる人の特徴

  • 将来の目標が明確
  • モノづくりが好き
  • 好奇心が強い
  • 人の役に立つことにやりがいを感じる

以下、順に解説します。

将来の目標が明確

「AI関連のシステムを開発したい」あるいは「プロジェクトマネージャーになりたい」など、将来の目標を明確に持っている人は「ITエンジニアはきつい・難しい」と感じても乗り越えられます。

目標をもつことは重要です。なぜならば、目標を達成したいという気持ちはモチベーション維持・向上に役立つからです。ITエンジニアとしての将来的な目標を持っていない場合、つらいと感じたときに「何のために頑張っているんだろう」とネガティブな思考に陥りやすくなります。そのような精神状態では「きつい・難しい」壁を乗り越える原動力がないため、ITエンジニアを辞めて別の業界へ転職してしまうことも少なくありません。

一方で、将来の目標が明確になっていれば、「きつい・難しい」と感じても乗り越えやすいです。

モノづくりが好き

モノづくりが好きな人は、ITエンジニアの難しさを乗り越えられます。

ITエンジニアは、自らのスキルと知識でゼロからシステムを生み出せます。クライアントへのヒアリングを通して本当に必要としているものを把握し、コツコツと作り上げていきます。

システム開発の過程では様々な問題が発生しますが、1つひとつ根気強く解決しながら、完成にたどり着いたときは大きなやりがいを感じられるのです。

「モノづくり」に魅力を感じる人は、ITエンジニアという職種に難しさを感じても乗り越えられます。

好奇心が強い

「これはどういう技術なんだろう」「この技術を習得したい」といった好奇心が強い人はITエンジニアの難しさやつらさを乗り越えやすいです。

ITエンジニアは日々新しいことと向き合いながら仕事をしています。好奇心が強い人は、自分の周囲に起こる様々な変化に進んで対応できます。

自然と幅広いスキルや知識も身につくため、ITエンジニアの大変さを逆に楽しみながら乗り越えていけます。

人の役に立つことにやりがいを感じる

ITエンジニアは、人々の困っていることをITの力で解決するのが主な仕事です。そのため、人の役に立つことにやりがいを感じる人も、ITエンジニアのきつさ・難しさを乗り越えられます。

ITエンジニアの仕事は簡単ではありません。1つの些細なミスを原因にシステムが停止してしまうこともあります。

一方で、システムが正常に稼働し誰かの困りごとを解決した時、大きなやりがいを感じます。実際にクライアントから「ありがとう」や「あなたが担当してくれて良かった」という言葉をもらうこともあります。

「人の役に立つ仕事をしたい」と考えている人は、ITエンジニアがもつきつさや難しさを乗り越えやすいです。

ITエンジニアはきつい・難しいと感じた場合の対策

  • ITエンジニアとしてのキャリアプランを考える
  • リフレッシュできる趣味を見つける
  • 配属先変更や転職を検討する

以下、順に解説します。

ITエンジニアとしてのキャリアプランを考える

「ITエンジニアはきつい・難しい」と感じた場合、少し立ち止まって将来のキャリアプランを考えることをおすすめします。

一言でITエンジニアといっても、さまざまな職種があります。ITエンジニア関連の主な職種と主な業務は次のとおりです。

職種主な業務
システムエンジニアクライアントへヒアリングした内容を元に設計書を作成する。
プログラマーシステムエンジニアが作成した設計書を元にプログラミングを行う。
WebエンジニアWeb関連のシステム開発を担当する。ユーザーの目に見える部分を担当するフロントエンドエンジニアとサーバー側の処理を担当するバックエンドエンジニアに分かれる。。
セキュリティエンジニアシステムのセキュリティを向上させたり、攻撃への対策を施す。
AIエンジニアAIを開発する。
プロジェクトマネージャープロジェクトの進捗管理や顧客折衝などを担当する。
ITコンサルタントITを活用して企業の課題を解決に導く。

「将来はプロジェクトマネージャーとして活躍したい」「AIエンジニアになってイノベーションを起こしたい」などのキャリアプランがあれば、ITエンジニアがきつい・難しいと感じても、乗り越えるモチベーションが生まれます。また、キャリアプランを見直せば、現在の業務よりもさらに興味があるIT関連の職種が見つかる可能性もあるでしょう。

ITエンジニアには多種多様なキャリアプランがあります。少しでも自分の能力を発揮するため、より快適に業務に取り組むためにも、定期的にキャリアプランを見直しましょう。

リフレッシュできる趣味を見つける

ITエンジニアは難しい・きついと感じたときは、そのネガティブな感情をリセットし、リフレッシュできる趣味などを見つけましょう。

どのような仕事にもストレスは付きものです。ITエンジニアも、長時間労働や人間関係に疲れてしまう人は少なくありません。もちろん、ストレスの根本を解決できるのがベストですが、会社やプロジェクトによっては難しいです。そのような時は、自分自身の好きな趣味、楽しいと思える趣味を思いっきり楽しむことが効果的です。

心身の疲れは、自分が知らない間に少しずつ蓄積されていきます。末長くITエンジニアとして働くためにも、リフレッシュできる趣味に取り組み疲れやストレスをコントロールすることをおすすめします。

配属先変更や転職を検討する

「きつい・難しい」と感じる原因が現在の仕事や人間関係の場合は、配属先の変更や転職を検討すべきです。

企業で働く以上、自分自身の頑張りやアクションではコントロールできないこともあります。そのような環境で働き続けると心身共に疲弊してしまいがちです。解決するためには、思い切って環境を変えることをおすすめします。

日本は、ITエンジニアが不足しているため、企業にとってエンジニアの退職は最も避けたいことの1つです。そのため、所属部門やプロジェクトなど、配属先の変更申請が通る可能性は十分にあります。

また、ITエンジニアとしての評価は「評価する人間」によって一変することも珍しくありません。

そのため「ITエンジニアはきつい・難しい」を必要以上に我慢せず、配属先変更や転職を検討することをおすすめします。

ITエンジニアは難しい・きついと感じる人におすすめの職種【向いていないなら職種を変えよう】

  • IT営業
  • 事務
  • IT戦略・システム企画

以下、順に解説します。

IT営業

「ITエンジニアに憧れていたけど1日中デスクワークはきつかった」という人には営業職がおすすめです。

営業職は基本的にクライアント先に出向くため、外出する機会が多いです。椅子に座りっぱなしが苦手な人、体を動かすのが好きな人はストレスをためることなく仕事に取り組めます。

また、ITエンジニアの経験がある人であれば、開発に関する深い知識を有しているためIT営業として活躍できる可能性も高まります。

事務

「PCを使った業務は好きだけどITエンジニアはきつい」という人には、事務職がおすすめです。

一昔前は手書きなどのアナログな方法で行っていた業務は、デジタル化やDXが進んだ結果、パソコンなどで完結するようになりました。ITエンジニアは、プログラミングなどのスキルはもちろん、様々なツールに関する操作を習得しています。さらにソフトウェアやサービスに対する理解度も高いため、優れた成果を残せるはずです。

IT戦略・システム企画

「システム開発には携わりたいけどいつまでもITエンジニアとして働き続ける自信がない」という人にはIT戦略やシステム企画がおすすめです。

現在、どのような分野の企業であってもITを活用しなければ淘汰される時代となりました。物流、アパレル、食品メーカー、製造業など、あらゆる業種が様々なシステムを導入し、競合他社に対する強みを伸ばしています。

ITを活用している企業には、経営方針に沿ってどのようなIT投資を実施するか検討するIT戦略やシステム企画の担当者がいます。ITエンジニアとは異なる視点でITに接することができるため「ITエンジニアはきつい・難しい」という人におすすめできる職種です。

まとめ

以上、ITエンジニアはきつい・難しいと感じる人の特徴について解説しました。改めてまとめると以下です。

ITエンジニアの難しい・大変なこと残業や休日出勤がゼロではない
常に学び続ける必要がある
デキる人に仕事が集中しやすい
コミュニケーション力が求められる
案件ガチャがある
プレッシャーと隣り合わせ
ITエンジニアは難しい・きついと感じる人の特徴ワークライフバランスを最重視している
自己研鑽が苦手
単独行動が好き
変化を楽しめない
ITエンジニアは難しいと感じても乗り越えられる人の特徴将来の目標が明確
モノづくりが好き
好奇心が強い
人の役に立つことにやりがいを感じる
ITエンジニアはきつい・難しいと感じた場合の対策ITエンジニアとしてのキャリアプランを考える
リフレッシュできる趣味を見つける
配属先変更や転職を検討する
ITエンジニアは難しい・きついと感じる人におすすめの職種IT営業
事務
IT戦略・システム企画
ITエンジニアの難しい・大変なこと残業や休日出勤がゼロではない
常に学び続ける必要がある
デキる人に仕事が集中しやすい
コミュニケーション力が求められる
案件ガチャがある
プレッシャーと隣り合わせ
ITエンジニアは難しい・きついと感じる人の特徴ワークライフバランスを最重視している
自己研鑽が苦手
単独行動が好き
変化を楽しめない
ITエンジニアは難しいと感じても乗り越えられる人の特徴将来の目標が明確
モノづくりが好き
好奇心が強い
人の役に立つことにやりがいを感じる
ITエンジニアはきつい・難しいと感じた場合の対策ITエンジニアとしてのキャリアプランを考える
リフレッシュできる趣味を見つける
配属先変更や転職を検討する
ITエンジニアは難しい・きついと感じる人におすすめの職種IT営業
事務
IT戦略・システム企画

ITエンジニアに興味がある人は参考としてください。

役割、仕事内容、年収、適性などITエンジニアに関する全般については以下の記事で解説しています。

SNSでシェア
  • URLをコピーしました!
目次