転職ノウハウ

【効果抜群の体験談】面接で質問の意図に答えるためのたった1つの法則【面接は自己PRの場ではない】

面接で質問の意図に答えるための法則
面接が苦手な人
  • 転職の面接が苦手…
  • 面接落ちの理由は「質問の意図を捉えていない」と言われたけどどうしたら良いのかわからない…
  • 面接で受ける質問の意図がわからない…

あなたは転職の面接は得意でしょうか?
多くの人は転職面接において企業からの質問の意図に合わない回答をしてしまいます。

実は、面接における企業からの質問の意図は全て同じで「あなたが継続して成果を出し続けてくれるか」というただ1つです

なぜなら、面接とは「応募者が入社後に継続して成果を出し続けてくれるのかを確かめる活動」だからです。

私は現在30代でこれまで2回の転職を経験しています。
転職関連書籍を9冊読み転職活動の具体的なノウハウを知り実践してきました。

この記事では、面接で質問の意図に答えるための法則を解説します。

この記事を読むと、面接で受ける質問の意図に的確に答えてあなたの評価を上げることができます。

結論:転職面接の質問の意図

全ての質問の意図は「この会社で成果を出し続けてくれるか?」の1点。

全ての質問に対する回答を「この会社で私は成果を出し続けます」という主張につなげる

質問の意図に答えるための心得:転職面接は自己PRの場ではない

転職面接は自己PRの場ではない

私が2回の転職経験をふまえて最も反省した失敗は「面接を自分を売り込む場」と勘違いしていたことです。

面接が苦手な人

え?過剰な売り込みはダメだと思いますが…
面接とは、面接官と会話しながら自分の強みを伝える場ではないのですか?

転職経験者

「面接とは自分を企業にアピールする場」と思っていると、質問の意図に答えられません。

面接とは「この会社で成果を出し続けてくれるか?」を企業が判断するデータ収集活動

面接とは、会話を通じてあなたの強みや人柄を企業に伝える場ではありません。

面接とは企業が「この応募者はこの会社で成果を出し続けてくれるか」を判断するためのデータ収集活動の場です。

面接官は面接後に合否を社内に報告する義務がある

私は過去に所属していた会社で面接官を担当したことがあります。
面接終了後、面接官は応募者の合否を判断して社内へ報告します。

合否の社内報告の際には、合否を判断した理由が必要です。

絵を入れる

実は面接とは、面接官が合否を判断するための理由を収集する場なのです。

面接とは面接官が求める答えを提供する場

面接では、面接官が社内で合格理由として説明できる情報を提供する必要があります。

面接官からの質問に対するあなたの回答は全て「面接官が欲しい情報」に合わせましょう

面接はあなたの自己PRの場ではないのです。

面接の質問の意図は全て「この会社で成果を出し続けてくれるか?」

面接の質問の意図は「この会社で成果を出し続けてくれるか?」

面接官の合否の判断基準はたった1つ。
「この人は当社で継続して成果を出し続けてくれるか?」のみです。

面接官が欲しい情報
  • 当社で継続して成果を出し続けてくれると判断できる理由(=合格理由)
  • 当社で継続して成果を出し続けるのは難しいと判断できる理由(=不合格理由)

面接での全ての質問の意図は「この人は当社で継続して成果を出し続けてくれるか?」に集約されると考えてください。

全ての質問に対して「この会社で私は成果を出し続けます」という主張につなげる

全ての質問の意図は「この人は当社で継続して成果を出し続けてくれるか?」の1点です。

あなたは「私はこの会社で成果を出し続けることができます」という主張に繋がる回答をすれば質問の意図に答えられます。

正直に話すのではなく企業が求めている答えを提供する

正直に回答するだけでは意図に答えられない質問を受けることもあるでしょう。
質問の意図に答えるための工夫が必要となります。

  • やったことがない業務の経験を問われた場合
  • 現状できない業務の経験を問われた場合

筆者の体験談

私は以前、面接とは自分の強みや過去の経歴をわかりやすくシンプルに伝える場だと考えていました。

そのため、やったことない業務については正直に簡潔に答えていました。
しかし正直に答えるだけでは質問の意図に答えていないのです。

なぜなら「この応募者はこの会社で成果を出し続けてくれるか?」を判断するための情報になっていないからです。

やったことが無い業務を聞かれた場合

未経験の業務について質問された場合も質問の意図に答えましょう。

絵を入れる

当社では○○という業務が必要になります。

その業務そのものは経験がありません。
しかし、その業務を分解すると、Aという業務、Bという業務と考えている。それらは○○を通じて経験しました。

できないことを聞かれた場合

前提として、ウソや盛って話すのはNGです。
嘘をついて内定をもらえたとしても、入社後にその嘘がバレれば解雇されるリスクがあります。

できないことについても質問の意図に答えればOKです。

絵を入れる

以上のような回答すると「こちらが求める仕事に対して、自分ができること・できないこと・そのギャップを理解しているな」と思われ客観的思考力もアピールできます。

質問の意図に答える全ての回答を事前準備しておく

質問の意図に答える回答を準備
面接が苦手な人

質問の意図に答えるための方法は理解しました。

でも、面接の場で受けた質問に対して、質問の意図まで考えながら回答するのは難しすぎます…
意図を考えずに回答するだけでも頭がいっぱいいっぱいです…

転職経験者

その場で質問の意図を満たす回答をする必要はありません。

大前提として、質問に対する回答を面接その場で考えて回答してはいけません。
受けるであろう全ての質問を事前に書き出し、質問の意図を満たす回答を準備し覚えておくのです。

想定される質問と回答を書き出し、その回答が「この会社で私は成果を出し続けます」という主張に繋がるかを吟味しておきましょう。

どれだけ準備してきたかも評価されている

面接が苦手な人

全部事前に準備して覚えておくのですか…?
なんか、やらせっぽいのでは…?

転職経験者

企業はあなたがどれだけ面接に準備してたかもチェックしています。

その場で回答を考えている素振りを見せれば、「この人は準備をせずに仕事する人なんだ」と思われてしまいます

まとめ:全ての回答を質問の意図に合わせる

以上、私が転職活動を通じて学んだ質問の意図に答える方法を解説しました。

転職経験者の体験談

この手法をとってから私は面接の通過率が格段に上がりました

是非あなたも「私はこの会社で成果を出し続けることができます」という主張に繋げられる回答を準備し、面接で披露してみてください。

読んでいただきありがとうございました。