【体験談】JACリクルートメントの評判と口コミ【IT営業転職に強い】

JACリクルートメントの評判

JACリクルートメントは業界トップクラスの転職エージェントです。

特に、年収600万以上のハイクラス求人を数多く保有しています。

IT業界の営業職は年収600万以上の求人が多いため、IT営業職の転職を考えている人には最適な転職エージェントです。

IT営業転職に最適なアドバイスを受けるなら

この記事を書いた人
IT業界経験者

IT業界勤務 ヒロマン

  • 10年間IT業界に勤務し、IT企業3社で営業と企画開発を経験。
  • 長時間労働や顧客クレーム対応役といった高ストレス業務に耐えながら2回の転職に成功。
  • 現在はホワイト企業にて毎日9-18時勤務・年収800万の生活中。

運営者のプロフィール詳細はこちら

目次

JACリクルートメントの評判

JACリクルートメント利用者の評判を調査しました。

JACリクルートメントはIT営業転職に強い

IT業界の営業職の転職先を探すなら、JACリクルートメントは最適です。

IT業界の営業職への転職なら
JACリクルートメントが最適な理由
  • IT業界の営業職の平均年収は600万以上
  • JACリクルートメントは年収600万以上のハイクラス転職に特化
  • IT業界に特化した担当者がいる

以下、順に解説します。

理由①IT業界の営業職の平均年収は600万以上

IT業界の営業職は年収600万以上の求人が多いです。
なぜならば、IT営業の平均年収が700万以上のため、企業は年収600万以上の求人を出さなければ中途採用できないからです。

経済産業省の調査によれば、IT業界の営業職の平均年収は783万です。

IT営業の年収
経済産業省 IT関連産業の給与等に関する実態調査結果

理由②年収600万円以上のハイクラス転職に特化

JACリクルートメントは、転職エージェントの中でも年収600万以上のハイクラス転職に特化しています。

ハイクラス求人とそれ以下の求人では、求められるスキル・経歴は明確に異なります。
年収が高い分、ハイクラス転職の選考では企業からチェックされる項目の幅もレベルも上がるのです。

JACリクルートメントはハイクラス転職に特化して以下のサポートを提供しています。

年収600万以上の求人における、

  • 職務経歴書の書き方のポイント
  • 自己PRのポイント
  • 面接でのふるまいのポイント

年収600万以上のIT営業の選考に関して、十分な対策を立てることができます。

JACリクルートメントは実際に調査対象企業17社、実際の利用者1,038人を対象に調査したオリコン顧客満足度ランキング「おすすめのハイクラス・ミドルクラス転職ランキング・比較」で、2019~2022年の4年連続で1位を受賞しています。

理由③IT業界に特化した担当者がいる

JACリクルートメントのキャリアアドバイザーは各業界や職種に精通しているのが特徴です。

キャリアアドバイザーとは?

転職エージェント登録者に対して以下のサポートを一貫して担当します。

  • 希望する仕事内容・年収・待遇のヒアリング
  • 希望に合った求人の紹介
  • 書類選考のポイント解説と職務経歴書の添削
  • 応募先企業の面接選考ポイント・想定される質問の解説
  • 面接選考実施後の企業側評価ヒアリングと、選考受験者へのフィードバック
  • 年収交渉


JACリクルートメントならIT業界の営業職に特化したキャリアアドバイザーもいるため、IT営業への転職により特化した具体的なサポートを受けられます。

特に、年収の高い外資系IT企業については、他の転職エージェントよりも深い情報をもっています。
なぜならば、JACリクルートメント自身がロンドンで発祥した企業であり、外国企業との結びつきが強固だからです。

JACリクルートメントが
詳しい外資系IT企業の例
  • Amazon
  • Salesfoce
  • Google
  • Microsoft

年収1,000万超の外資系IT企業に対して自分のキャリアが通用するのか知りたい人は、他の転職エージェントよりもJACリクルートメントがオススメです。

IT営業転職に最適なアドバイスを受けるなら

JACリクルートメントから求人紹介を受けた体験談

転職未経験者

ハイクラス転職に特化しているなら、すごい経歴をもっていないと求人を紹介してもらえないのでは?

転職経験者

華々しい経歴はなくてもこれまで真摯に仕事に向き合ってきた人であれば、ハイクラス求人を紹介してもらえます。

なぜならば、自分自身は「大した経歴ではない」と思っていても、外から見たら十分評価されることもあるからです。

実際、私はIT営業としては以下のような平凡な経歴の持ち主ですが、JACリクルートメントから求人紹介の提案を複数回受けています。

JACリクルートメントから求人紹介を受けた際の筆者の経歴
年次 経験・スキル
1~2年目
  • 上司と共に大口顧客を担当するアカウント営業。
  • 自分自身で何か提案を仕掛けることはなく、事務作業や上司のサポート業務のみ。
3~5年目
  • 1社の大口顧客向けのアカウントチームの1メンバーとして業務。
  • 新規提案はなく、継続的なSW製品・HW製品の販売を担当。
  • 大口顧客からの厳しい価格交渉を通じて、自社に利益を出しながら商談をとりまとめる交渉力を身につけた。
  • 新規案件を探索する経験はゼロ。
6~8年目
  • 担当ソリューションを不特定多数の法人顧客へ提案するソリューション営業。
  • 自社セミナーの開催や社内連携によって提案先顧客を見つけて、提案実施、受注までの一通りのプロセスを経験。

上記の経歴に対して、以下のようにJACリクルートメントから連絡を受けました。

JACリクルートから受けた提案
転職未経験者

ハイクラス転職といっても、「社内トップ成績」のような経歴はなくても良いようですね!

中途採用で企業が知りたいのは華々しい経歴ではなく、「自社で採用したら活躍できそうか」の1点です。

派手な結果情報をアピールする人よりも、地道な業務を積み重ねてきた過程を持つ人の方が実はニーズが高いのです。

IT営業転職に最適なアドバイスを受けるなら

JACリクルートメントのデメリット

IT営業転職に強い一方で、以下のようなデメリットもあります。

  • 他の転職エージェントと比べ求人は少ない
  • 求められるレベルが高い
  • 20代には合わない

以下、順に解説します。

他の転職エージェントと比べ求人は少ない

JACリクルートメントはハイクラス転職に特化している分、他の転職エージェントと比較すると扱う求人数が少ないです。
ハイクラスの高年収求人は転職市場全体で見ても少ないのです。

とにかくたくさん求人を紹介してもらい「数うちゃ当たる」戦法は、JACリクルートメントでは無理と考えてください。

求められるレベルが高い

ハイクラス転職の求人は、企業から求められるレベルも当然高くなります。
IT営業職の求人であれば、以下のようなスキル・経験があるか細かくチェックされます。

スキル
  • 売上を作るための計数思考と実行力
  • 論理的思考力
  • 見込み客を見つけて案件化するためのシナリオメイキング
  • 課題ヒアリングスキル
経験
  • 自らの思考と行動で売上数字を作ってきた経験
  • 目標予算を達成するための計画を作成し実行してきた経験
  • 商談をとりまとめ契約を勝ち取った経験

上記をわかりやすく相手に伝える高いコミュニケーション能力があるか、面接でのふるまいを通じて精査されます。

年収が高い分、内定をもらうハードルも高いと考えてください。

JACリクルートメントの求人は即戦力を前提としており、未経験からの転職は難しいです。
IT業界・IT営業未経験での転職であれば、以下の転職エージェントを利用すべきです。

20代前半の若手には合わない

JACリクルートメントが扱う求人のターゲット層は20代後半~40代です。

20代前半では、スキルと経験共にJACリクルートメントが求めるハイクラス人材のレベルを満たせず、紹介してもらえる求人はかなり少ないです。

20代前半でIT営業としての転職を希望の人は、マイナビエージェントがオススメです。

JACリクルートメントの概要

運営会社株式会社ジェイエイシーリクルートメント
公開求人数15,098(2022年10月19日現在)
非公開求人数全求人のうち約60%
費用無料
対応地域全国

JACリクルートメントのよくある質問

登録に費用はかかりますか?

JACリクルートメントの登録・利用に費用は一切かかりません。
なぜならば、JACリクルートメントは求職者の転職が決定した場合に、転職者の年収の30%を成功報酬として転職先企業から受け取るビジネスモデルだからです。

年齢制限はありますか?

年齢制限はありません。

登録を拒否されることはありますか?

登録を拒否されることはありません。

ただし、登録した結果、紹介できる求人がないと判断されることもあります。

何件求人を紹介してくれますか?

紹介できる求人数は、登録者のスキルレベルと、その時募集中の求人数に依存するため一概に何件紹介できるかは時と場合に依ります。

職務経歴書や履歴書を添削してくれますか

キャリアアドバイザーが書類選考の応募前に職務経歴書と履歴書を添削してくれます。

JACリクルートメントは業界別に特化したキャリアアドバイザーを置いているため、IT営業転職に最適な書類の書き方・ポイントについてアドバイスをもらえます。

内定は辞退できますか?

内定辞退はできます。

内定には何ら法的拘束力はありません。
内定を承諾するか否かは応募者の意志で決められます。

逆に、一度内定を承諾すると応募者には入社する義務が発生してしまうため、内定を承諾するかは慎重に判断してください。

IT営業転職に最適なアドバイスを受けるなら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次