IT業界内の転職

【元SIer営業の実体験】SIer営業が転職市場で評価されるポイント

SIer営業が転職市場で評価されるポイント

今SIer営業として働いている方は、以下のような不安を感じたことはないでしょうか・・・?

転職を検討するSIer営業

今SIer営業だけど、転職市場で自分は何をアピールできるのだろうか・・・

正直言って営業力には自信がない・・・

実は、SIer営業の業務経験には転職市場で評価されるポイントがあります。

SIer営業が日常的に実施している「社内外の関係者とコミュニケーションをとりながらすすめる業務」の経験は転職市場では評価されます

私自身、10年間SIer営業として勤務してから初めての転職活動に挑戦した中で、転職エージェントから多くの求人を紹介してもらえました。

この記事は、SIer営業のどんな点が評価されるのか?逆に評価されない点は何なのか、私の実体験を紹介します。

この記事を読むと、今SIer営業のあなたには転職市場でアピールできる市場価値があることを知ることができます

この記事の結論

SIer営業は「目標達成に向けて、社内外の多くの関係者と合意形成しながら自身で工夫して仕事を推進した」という点が転職市場で評価される

多数の関係者と合意形成して提案を進める経験は貴重

多くの関係者と合意形成

SIer営業の仕事の特徴は、社内・社外の複数の関係者との合意形成をしながら仕事を進めていくことです。
決まり切った製品を販売する仕事ではなく、1つの提案案件ごとに内容を練り上げて提案する仕事です。

提案内容を組み立てるには社内の多くの関係者の協力が必要です。
また、組み立てた提案内容に問題がないか、複数の社内関係者のチェックを経る必要があります。

社内の関係者をまとめるSIer営業

社外の関係者も多岐にわたります。
SIer営業の方であれば十分ご存知かと思いますが、提案先の顧客企業内には最低でも2つの組織が関係します。

SIerの提案先となる顧客部署
  • 提案するシステムを使うことになるユーザー部
  • 提案するシステムを管理する情報システム部

更に、SIerは提案内容に他のIT企業が提供するサービスや製品を活用することもあります。

SIer営業は、顧客企業内の関係者や協業先企業といった、社外の複数の人物とコミュニケーションをとることになります。

SIer営業は社外関係者と合意形成しながら商談を進める

以上のように、SIer営業は社内外にわたり複数部署・複数関係者と合意を得ながら仕事を進めていきます

SIer営業の方々は「そんなの当たり前にやる仕事」と思うかもしれませんが、複数関係者が関わるプロジェクト推進型の業務は、転職市場において意外と希少性があります

SIer営業のスキル

『社内の複数部門・複数関係者と、顧客先企業の複数部門・複数関係者から漏れなく合意をとりながら提案を進めていく仕事』は意外と世の中に少ないのです。

転職市場で評価される経験をアピールする

転職市場で評価される経験をアピールする

せっかく貴重な経験を持っていても、「ぜひ弊社へ来ていただきたい」と思ってもらえるように相手に伝えないと意味がありません

ここからは、私自身がSIer営業から転職活動した際に工夫した内容を紹介していきます。

『100億円のPJを受注して社内表彰されました』は評価されない

評価されない経験

SIer営業が陥りがちなミスは、「受注した金額」や「社内表彰」等、パッと聞いてインパクトがある実績のアピールに注力してしまうことです。

SIer営業が普段の業務において提案する金額は数千万、億単位の額となります。
この金額の大きさはインパクトを感じるためついアピールしたくなりがちです。

しかし、華やかに見える実績情報だけでは、あなた個人ができることは見えてきません

企業が知りたいのは「実績」ではなく「あなか個人では何ができる人なのか?」の1点のみです。

企業に伝えるべきは、結果の凄さではなく『自分自身が何を考え、どうやって実績を出したのか』です。

特に、SIerの仕事は複数の関係者が関わるため、成果につながった要因は多岐に渡ることが多いです。

自分が何を考え何をしたか

自分自身が考え、行動を起こし、実績につながったという一連のエピソードを、違和感なく相手に理解させることが重要です。

  • どんな目標があって
  • その目標を達成するために自分が何を考えて
  • 自分が何をしたのか

以上が相手にわかるように洗い出しましょう。

なお、「上司など誰かに言われてやったこと」は自分のアピールポイントにはならないことを注意してください。

職務経歴書に書きだせば転職市場での価値を判定できる

職務経歴書は自分自身の提案書

自身の経験を棚卸したら、職務経歴書に落とし込んでみることをオススメします。

職務経歴書とは

職務経歴書とは、転職活動において「自分自身を企業に売り込む際に使う提案資料」と言いかえられます。

SIer営業の方ならご理解いただけると思いますが、どんなにいい技術を持っていても顧客に正しく提案できなければ受注することはありません。

職務経歴書は自分の価値を伝えるために最重要な提案書です。

職務経歴書と履歴書って違うの?

履歴書は自分の学歴や居住地といった基本情報を記載します。
企業に評価してもらうべき情報は職務経歴書に記載するよう、使い分けると効率的です。

SIer営業の職務経歴書の作成の流れについては、以下の記事にて解説しています。

【体験談】SIer営業の職務経歴書の書き方

自分の市場価値をはかるだけなら無料

せっかく経験を棚おろしたなら、ぜひその内容を記載した職務経歴書を作成し、自分自身の市場価値をはかってみませんか?

職務経歴書を書いて、転職の専門家である転職エージェントに自分の価値を図ってもらうだけならタダです

現職の人事担当には見られないようすることも可能です。
転職サイトに登録する際、指定した企業からは自分が転職サイトに登録していることがわからないように設定できます

転職そのものには、以下のリスクがあります。

転職のリスク
  • 転職先で自分が活躍できるかは転職してみないとわからない
  • 転職先の上司や同僚とウマが合わないかもしれない
  • いざ転職してみたらブラックな環境かもしれない

しかし、転職活動をすること自体にはリスクはありません。

転職活動のリスク

リスクはない。

転職活動の結果、転職するかしないかは自分次第。
転職活動した結果、転職しなくても良い。

ノーリスクで、『自分の市場価値や自分の転職先となりうる候補企業を知ることができる』というメリットを享受できます。

10年間SIer営業として勤務していた私が転職活動時に利用した転職エージェントについて、以下の記事で詳細を紹介しています。

【実体験】SIer営業が転職で利用したオススメ転職エージェント3選

実際に転職活動で使用したSIer営業の職務経歴書サンプルを公開

職務経歴書の書き方は人それぞれですが、実際に私が転職活動時に使用した職務経歴書のサンプルを公開します。

【まとめ】多岐にわたる関係者と合意形成しながら提案を進めた経験を書き出してみよう!

SIer営業の業務経験は、自分の思っている以上に転職市場で評価される可能性があります

「自分自身に市場価値はあるのだろうか・・・?」という漠然とした不安を抱えている方は、ぜひ自身の業務経歴を文章に落としてみましょう。

そして、その内容を転職サイトに登録すると、自分は外の世界ではどう評価されるのか明確に把握することができます。

読んでいただきありがとうございました。