IT業界内の転職

【実体験を暴露】年収下がる?SIer営業が転職する際の年収事情

SIer営業が転職する際の年収事情

今SIer営業として働いている方は、下記のような不安を感じたことはないでしょうか・・・?

SIer営業

転職に興味はあるけど、転職したら今の年収が下がってしまうのでは・・・

正直、大手SIer業界自体が給料もらい過ぎ感があり、別の業界へ移ったら年収ダウンするのでは・・・

実は、SIer営業は転職して年収UPできる可能性は十分あります

私自身、10年間SIer営業として勤務してから初めての転職活動に挑戦した中で、年収UPする求人を多く紹介してもらえました。

この記事を読むと、実際にSIer営業が転職した際の実話をもとに、SIer営業からの転職における年収の上下について知ることができます

結論

SIer営業は「即戦力性を見込まれる営業職ポジション」なら年収UPを見込める

SIer業界の年収より高い年収を出してくれる企業はある

SIerより高年収を出す企業

私も10年間SIer企業に所属していたので感じていましたが、SIer業界の年収は世間一般からしたら高めです。

IT業界自体が年収が高めの業界である中で、特に大手SIer企業は高い年収水準にあります。

大手SIer企業の年収モデル
  • 20代中盤:400~500万
  • 20代後半:500~600万
  • 30代:600~900万
  • 課長級:900~1,000万

日本のSIer企業はそのほとんどが日系企業であり、成果主義ではなく年功序列の給与体系です。

成果主義でもないのに高年収であることから、「もらいすぎでは」と感じる方も多いのではと思います。
実際、私自身、もらいすぎではと感じていました。

しかし、いざ転職活動してみると、今の年収以上のオファーを出してくれる企業は意外と多いことに気づきました。

特に、成長過程にあるクラウドサービス企業の営業リーダーポジションであれば、年収800万以上のオファーを出してくれるケースは多いです。

また、外資系クラウドサービス営業であれば猶更です。成果主義による高い目標設定と引き換えに、年収1,000万円クラスのオファーをもらうことも可能です。

尚、以下の記事では、私がSIer企業からスタートアップSaaS企業へ転職した際の、年収や福利厚生面等の変化を実体験に基づき紹介しています。

大手SIer営業からSaaSスタートアップに転職した体験談~年収いくらもらえるの?~

SIer営業から年収UPできるか否かはあなたの即戦力性次第

年収はあなたの即戦力性次第

オファーされる年収は以下3点で決まります。

  • 企業があなたに対してどれくらいの価値を感じているか
  • あなたの現状の年収
  • あなた以外の応募者の希望年収

企業があなたに価値を感じていて、あなたを獲得したいと考えたなら、今のあなたの年収以上の金額をオファーするのは当然です

「年収」があなたにとって最もわかりやすいメリットであり、企業もあなたを獲得するためにそのメリットを提示します。

そして、あなた自身が「自分の経験と自分の年収は見合っていないのでは、もらい過ぎなのでは」と感じているか否かは、オファーされる年収にはあまり関係がありません。

あなたと似たような経歴の方々が「現状これくらいの年収もらって当たり前」と思っていた場合、その経験を欲している企業はあなたの現状の年収以上の金額をオファーしないと人材を獲得できません。

また、「企業があなたを獲得したいかそうでないか」は完全にケースバイケースです。

あなたの経歴に全く価値を感じない企業もいれば、ちょうどあなたのような経歴を持っている人を探していて今すぐにでも人材を補充しないと事業の致命傷になってしまうといった企業もいるのです。

あなたの年収が上がるか否かは、タイミング、マッチング度合い、他の応募者の年収によって、常に変動することになります。

SIer営業からの職種変更であれば年収UPは期待しない方が得策

自分の即戦力性を考える男性

もちろん、必ず年収UPできる訳ではありません。

特に即戦力性が高くなく、入社後に自分でキャッチアップしないといけない要素が多いほど、上げられる年収の幅は少なくなります

求められる経験の中で、自分の経験が足りていない領域がある場合は、現状よりも年収が下がるケースももあります

私自身は、「営業職から企画職へキャリアの幅を広げる」ことを転職活動のテーマとしていたため、年収ダウンは最初から受け入れる覚悟で臨みました。

結果として、「即戦力として貢献できる部分」と「経験が足りていないため周囲からのフォローが必要な部分」の両方が混在するポジションに対して、現状の年収から数十万マイナスのオファーで内定受領しました。

尚、「即戦力性の有無で転職時の年収が上下する法則」の詳細については以下の記事で紹介しています。

内定時に企業から提示される年収に関する暗黙のルール

まとめ:SIer営業からの転職でも年収UPは狙える

あなたの業務経験をふまえて、即戦力性の高いポジションであれば年収UPは十分狙えます

年収を上げられるか否かで重要ポイントは、あなたの業務経験を欲している企業に対して、あなたの業務経験を正しく伝えることです。

SIer営業が転職市場で評価されるポイントについては下記記事でも詳細を解説しています。

【元SIer営業の実体験】SIer営業が転職市場で評価されるポイント

読んでいただきありがとうございました。