IT業界ビジネス職への転職

【年収をあげたい人へ】IT営業が高年収を狙える3つの理由

年収をあげたい営業
  • 年収をあげたい…
  • でも未経験からの転職で年収を上げるのは難しい
  • 高年収の仕事は即戦力採用ばかり…

年収を上げたいと考えている営業職の方には、IT営業職への転職がオススメです。

IT業界の平均年収は450万です。

日本全体の平均年収400万と大差ありません。

しかし、今働いている企業・業界から年収UPを見込める業界へ移りたいと考えているならIT業界の営業職をオススメします。

IT営業が高年収を狙える3つの理由は以下の通りです。

この記事の結論

IT営業が高年収を狙える3つの理由

  1. IT業界は今後も確実にのびていく成長市場
  2. 業界上位のIT企業なら年収1,000万は珍しくない
  3. 業界内のキャリアアップ転職が多い

IT業界・IT営業とは

情報技術
IT業界とは?

「情報技術(Information Technology)」を取り扱う企業群をを指します。

最近では「情報通信技術(Information Communicaiton Technology)」を取り扱う企業群としてICT業界と呼ぶケースもあります。

iT業界については、以下の記事で詳細を解説しています。
IT業界とは?未経験者向けに10年経験者が図解で解説

情報技術を提供するIT企業の製品やサービスを、世の中の企業に提案するのがIT営業です。

≫ IT営業の詳細はこちら

IT営業が高年収を狙える理由①IT業界は成長市場

成長するIT業界

現在、日本は人口が減り続けています。
人口が減れば、お金を使う人数が減り、経済成長も鈍化します。

しかしIT業界は成長し続けています

以下は経済産業省による、IT業界の売上高合計に関する調査結果です。

IT業界(情報サービス業)の売上高推移
(出典)経済産業省「特定サービス産業動態統計調査」よりグラフ作成
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/result_1.html

業界全体が成長するなら、その業界に所属する企業も成長していく可能性が非常に高いです。

業界が成長すると年収は上がる

企業の成長とは、事業拡大を意味します。

事業拡大していくには、企業として必要な人材が増えていきます。
人材の供給よりも人材に対する需要が強まます

需要が高まれば人材のとりあいとなり、人材の価格も吊り上げられていきます。

あなたがIT業界で活躍できる人材になれば、今後成長していくIT業界において、あなたの年収が上がりやすくなると言えます。

でも、今まで成長してきたからと言って今後も成長していくとは限らないですよね。

国内の人口は減っていくわけだし。

人口が減っているにも関わらずIT業界が成長し続けているのは何故でしょうか?

主に2つの理由があります。

IT業界が成長する理由(1)働く人・時間が減るためITによる効率化が必須

人口が減れば、働ける人も減っていきます。
企業はより少ない人数で今の事業を運営しなければなりません。

また、働ける人が減るだけでなく、働ける時間も減っています。

労働基準法の改正によって、時間外労働の上限規制が2019年4月から始まっています。

  • 時間外労働の上限について、月45時間、年360時間を原則とする。
  • 臨時的な特別な事情がある場合でも、①年720時間、②複数月平均80時間(2か月~6か月平均が全て80時間を限度とする)、③単月100時間未満(休日労働を含む)、を限度とする。
  • 時的な特別な事情がある場合でも、時間外労働が月45時間を超えるのは6か月が限度とする。

2017年頃から「働き方改革」という言葉が世の中で使われるようになった背景もこの法律改正があります。

そこで役に立つのがITサービスです。

今まで人手をかけてやっていた業務を一気に効率化して、少ない人数でも業務を回せるようにする力をITサービスは持っています。

人口と働ける時間が減る分、その減った労働力を補うためにITサービスの需要は高まります。

IT業界が成長する理由(2)IT技術を事業にとりいれないと生き残れない時代

デジタルトランスフォーメーションという言葉をご存知でしょうか。

デジタルトランスフォーメーションとは・・・?

進化したデジタル技術を浸透させることで人々の生活をより良いものへと変革すること

2018年、経済産業省は以下のような声明をだしました。

経済産業省の声明

各企業は、競争力維持・強化のために、デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)をスピーディーに進めていくことが求められる。

この背景には、あらゆる産業において、新たなデジタル技術を使ってこれまでにないビジネスモデルを展開する新規参入者が登場していることがあります。

既存の企業もデジタル技術を活用して対抗しなければ、新規参入者に淘汰されていきます。

待ったなしの生き残りをかけて、各企業はIT投資しています。

IT営業が高年収を狙える理由②業界上位のIT企業は高年収

業界上位のIT企業

2つ目の理由は、IT業界の中で、高い年収を提供している企業が多数存在するということです。

高年収 IT企業の例
企業名平均年収
野村総合研究所1,225万
電通国際情報サービス1,047万
三菱総合研究所1,009万
伊藤忠テクノソリューションズ933万
オービック933万
日立製作所890万
富士通865万
日鉄ソリューションズ855万
NTTデータ841万
NEC829万
日本ユニシス808万

でも、これは業界トップクラスの企業ですよね?

私のようにIT業界未経験では入社できませんよ…

確かに、以上にあげた高年収企業は業界上位の企業です。
業界未経験の人にとっては狭き門となります。

しかし、IT業界では業界内の転職によって、業界上位の企業へ転職を狙うことができます。

IT営業が高年収を狙える理由③業界内でのキャリアップ転職がさかん

IT業界でのキャリアアップ

IT業界では、業界内の転職がさかんです。

筆者の体験談

実際私もIT営業時代、営業組織の中で5割が中途入社という割合でした。

中途入社の社員はいずれも、企業規模や年収的には一段階下の企業から転職してきた人が大半でした。

どこかのIT企業にIT営業職として入社して結果を出せば、その経歴をもとにIT業界内で年収を上げていく転職は可能です。

IT業界が成長していく以上、多くのIT企業が事業拡大していくことになり、必要な人員の枠も増えていきます。

高年収狙えるIT営業の枠はまだまだ増えていくということです。

今営業職ならITエンジニアよりIT営業がオススメ

IT企業いくならITエンジニアを目指した方が安定したスキルがつくのでは・・・?

もちろん、ITエンジニアとしてIT業界に入るのも1つの手段です。
成長し続けているIT業界において、ITエンジニアの需要も高まり続けています。

しかし、今営業職のあなたが年収をあげたいなら、ITエンジニアよりIT営業をすすめます。
その理由は以下の通りです。

今営業職ならITエンジニアより
IT営業をすすめる理由

  1. 営業職からのITエンジニア転職は年収が確実に下がる
  2. 未経験からITエンジニアになるには、転職の前にプログラミング技術を身に着けて成果を出す必要がある
  3. 高年収IT企業のITエンジニアになるために必要な「際立った技術力」又は「上流工程の経験」を得るには長い年月が必要

一方で、今営業職のあなたがIT営業に転職するハードルは高くありません。

IT営業職に転職して成果を出せば、その後1~2年で更に年収の高いIT企業へ転職していくことも十分可能です。

まとめ:年収をあげたいならIT営業になろう!

成功したビジネスマン

以上、IT営業が高年収を狙える理由を紹介しました。

私自身、新卒でIT企業に入社し10年間IT営業として勤務してきた中で、IT営業はオススメできる職種です。

今営業職で悩んでいる方には是非IT営業の世界を知ってもらいたいと想いこの記事を書きました。

  • IT営業が高年収を狙えるのはわかったけど、本当に自分に合っているのかわからない…
  • でもIT営業って激務なのでは?

そんな方々には、IT営業についてより詳細を解説している以下の記事も是非参考にしてください。

≫ IT業界って?IT営業って?業界未経験者向けにゼロから解説

≫ IT営業の具体的な仕事内容を経験者が解説